オール電化で快適なエコ生活へ!

福岡県を拠点に九州一円をテリトリーとし「電気の自給自足を目指しましょう」をコンセプトに、今日も「明るく」「笑顔で」「元気に」に頑張っています。「蓄電池Lead」でお馴染みの株式会社Leadです。今回は、地元福岡県北九州市のK様邸の施工をご紹介致します。

 

今回設置のK様邸の太陽光発電のシステム容量は7.1Kwです。全国平均の発電容量は約4Kwですので、発電量としましては、全国平均より高い設置容量となっております。


さて、最近は当たり前に「オール電化」という言葉が一般的になっていますが、今更聞けない「オール電化」とは?を簡単にポイントだけご紹介しましょう。

 

オール電化の定義ははいたってシンプルです。ご家庭の熱源(調理・給湯・暖房)などを全て電気で賄っている住宅のことを「オール電化住宅」と言います。


では、オール電化住宅での具体的な設備はといいますと。


①キッチン

ガスではなく、電気調理器(IHクッキングヒーター)を使うことになります。


②給湯

ガスでお湯を沸かすガス給湯器ではなく、「エコキュート」や「電気温水器」を使うことになります。


③暖房

灯油やガスでの暖房ではなく、「エコキュート」の熱を利用した床暖房や割安な深夜電力をつかった「蓄熱ヒーター」など電気の暖房機器を使うことになります。


 

ではオール電化住宅の数あるメリットで、私(ブログの筆者、川崎)が考える最大のメリットを2つあげます。


①基本料金を一本化できる!


②家の中に熱源を待たず安全にお湯や暖房を安く使える


毎日の暮らしを考えた場合、この二つのメリットは大きいと思います。これは設置された多くのお客様の感想をまとめると、大体この二つのメリットに分類されるように感じます。詳しくはまた別の機会に書いてみようと思いますが、特に基本料金、つまりは、LPガスや都市ガスの基本料金を電気の基本料金に一本化できるのは、これだけでも随分な節約になります。


それから、最近のメリットでは災害時などで飲料水としては利用できませんが、エコキュートや電気温水器のタンク内の水を生活用水として使用できることも有難いですね。


もちろん、メリットがあれば当然デメリットもあります!ではこちらも簡単にご紹介しますと、①昼間ので電気使用量が高くなる。 ②オール電化の設置コストがかかる この2点に大体集約できます。しかし、このデメリットは、安い夜間電力を使うなどで、デメリットをカバーできると考えると良いかと思います。このメリット、デメリットはまた詳しく書いてみたいと思います。

 

さて、今回の北九州市のK様邸を画像でご紹介しましょう。


今回設置の蓄電池は、田淵電機の「EBIS7」です。コストパフォーマンスが高いこの機種は、やはり人気がありますね。ハイブリッド蓄電池システムという仕様になっておりまして、太陽光発電用のパワコンとして設置が可能だったり、蓄電池ユニットも後付けでも可能など、よく考えられているシステムです。図にしますこんな感じです。なかなか専門的で難しいとこではありますが、当社ではお客様にもしっかりとお伝えしようと努めていますので、分からないことは何でもお気軽にご相談ください!



EBIS7の詳しい特徴などは、メーカーさんのサイトをご覧ください。分かりやすく解説しております。


こちらからどうぞ。


<今回は床暖房用のヒートポンプも設置致しました。>

床暖房の仕組みはいくつかタイプがありますが、ヒートポンプ式床暖房は、ガスや電気のファンヒーターと比べますと、暖める仕組みそのものが違います。


ザックリ言いますとファンヒーターは、暖めた空気を対流させる方式。暖かい空気は比重の関係で軽くなりますから天井の方へあがっていきます。ですので、顔がポカポカで足元はひんやりといった感じになります。


それに比べ床暖房は、床から伝わる伝道熱と、床から部屋全体に広がるふく射熱の組み合わせで暖める仕組みです。いわゆる頭寒足熱の効果があります。足元からポカポカ、頭部は心地よい冷えた感じという、自然で健康にも良いとされており、自然な優しい暖かさがあり、近年人気があるのはこちらになります。


今回はお施主様のご要望でヒートポンプの設置もやらせて頂きました。

パナソニックさんのサイトの画像がありましたので参考までにごらんください。

さて↓のこちらが実際に設置された蓄電池システムで田淵電機のEBIS7です。画像では大きく見えるかも知れませんが、想像以上にコンパクトです。

こちらが、スレート材の切妻屋根に設置された太陽光パネルです。

太陽光パネルと言えば、現在報道もなされているのでご存じの方もおられるかと思いますが、シートのような薄いこれまでの常識を覆す太陽光パネルが実用化へ向けて研究されています。こちらも機会を見つけて深掘りしてみたいと思います。


設置前の太陽光パネルを取り付ける架台が設置された様子をご覧ください。いつも思うのですが、太陽光パネルの設置後の整然と並んだパネルが太陽の陽を受けて輝いている様子は実に美しいものがあります! ※ほとんど職業病ですね。笑


今回の施工ではエコキュートも設置させて頂きました。

最後に現調風景です。当社は全ての工事をワンストップで自社工事で行っておりますので、どうぞご安心ください。


屋根の状況確認、電柱からの宅内への引き込みの現状把握、分電盤の確認、床下、天井の配線確認など全て自社で行っております。


ということで、無事にK様邸もオール電化住宅に変わりました。


これからのオール電化生活で便利で快適な暮らしが出来ることでしょう。施工後のお客様の笑顔に癒されました!


これもこの仕事をしている醍醐味と言いますか、私たちのような会社でも社会と地域、お客様のお役に立てている!?かな、、笑 と思うと「さあ! 明日もがんばるぞ!」と力と勇気が湧いてきます。 皆様に感謝。そしてブログの読者様にいつも読んで頂きありがとう。


ではまた次のブログでお会いしましょう。

 

あのYouTuber、佐賀よかでしょう さんとのタイアップ動画、仕事をさせて頂いた動画もご紹介致します。

今、山復興プロジェクトをYouTubeで行っておりますて、弊社も電気工事でお世話になりました。よろしければ関連動画をご覧ください。


自給自足の生活をしたい男達!

マッチョ先輩登場の山プロジェクト

山復興プロジェクト全編

 

当社へのお問合せやご質問、ご相談はお気軽にどうぞ。


フリーダイヤル

0120-700-009


メールフォーム

 

#福岡県で太陽光発電の設置なら #佐賀県で太陽光発電の設置なら #長崎県で太陽光発電の設置なら

#熊本県で太陽光発電の設置なら #大分県で太陽光発電の設置なら #宮崎県で太陽光発電の設置なら

#鹿児島県で太陽光発電の設置なら #沖縄で太陽光発電の設置なら

#福岡県で蓄電池の設置なら #佐賀県で蓄電池の設置なら #長崎県で蓄電池の設置なら

#熊本県で蓄電池の設置なら #大分県で蓄電池の設置なら #鹿児島県で蓄電池の設置なら

#宮崎県で蓄電池の設置なら #沖縄で蓄電池の設置なら



閲覧数:185回0件のコメント

最新記事

すべて表示