top of page

太陽電池セルの変革で太陽光発電は次なるステージへ

株式会社Leadでは、主力事業として、持続可能な社会の実現に向けた製品である、太陽光発電システム・蓄電池システム・V2Hのご提案から設置、メンテナンスまでを安心のオール自社施工で行っております。またオール電化やソーラーガレージといった製品も取り扱っております。

 

ハンファQセルズから、2024年より日本市場に満を持して登場する、画期的な太陽電池セル「N型」を搭載した太陽電池モジュール、その製品名は「Q-TRON(キュー・トロン)」と言います。


そこで今回のブログでは「Q-TRON(キュー・トロン」)の最新の情報をご紹介致します。


これから太陽光発電システムの導入等をご検討されておられる方にとりましては、有益な情報かと思いますので、最後までお読みい頂ければ幸いです。


太陽光発電は次なるステージへを象徴する画像
太陽光発電は次なるステージへ

 

太陽電池セルとは?

 

まず太陽電池セルとは一体なんなのかを簡単にご説明します。


太陽光発電システムでは、太陽電池セルと呼ばれる、太陽電池を構成する最小の単位のことで、この「太陽電池セル」をたくさん並べて接続した太陽電池モジュール(ソーラーパネルと呼ばれています)を用いて発電を行う仕組みになっています。


現在、太陽電池セルは「P型」と「N型」がありまして、ハンファQセルズが「N型セル」と呼ばれる、従来のP型太陽電池セルと比較して、より太陽光を逃がしにくい構造で、発電量と発電効率を向上させた太陽電池モジュール(ソーラーパネル)を市場に投入することになりました。



セルとモジュールの比較
セルとモジュールの比較

 

ハンファQセルズでの製品比較表で検証

 

下図はハンファQセルズのセルタイプP型と画期的な「N型」との比較した表になります。


ではその違いをご説明致します。


難しい点や興味があるので詳しく聞いてみたいと思われましたら、本ブログの下部にお問合せ先を記載しておりますので、お気軽にお問合せください。


  • 設置条件としては、東京で真南で屋根の傾斜30度、設置枚数10枚、パワーコンデショナー交換効率96.5%、P型、N型ともモジュール面積は同じです。

 

製品比較表※ハンファジャパン(株)の資料より引用
製品比較表※ハンファジャパン(株)の資料より引用
 

比較表から読み取れる「Q-TRON(Q-トロン)」の特長

 

生成AI(chat GPT) へ上記比較表の情報を与え出力された情報より一部引用致しました。

※弊社では、確かな情報をお届けするために生成AIも活用しております。



  • 年間推定発電量(KWh):平均的な家庭では1日あたり10kWh~15kWh程度の電気を使用しています。年間では、この数字を基にすると、約3,650kWhから5,475kWh程度になります。ただし、これはあくまで大まかな平均値です。このデータによれば、ほぼすべての使用電力量をカバーできるポテンシャルは秘めているかと思います。


  • モジュール変換効率(%):一般家庭用で多く用いられている結晶シリコン太陽光パネルのモジュール変換効率が約15%から22%というデータあり、それと比較しても最大交換率であることが分かります。


  • 25年後の出力保証値(%):多くのメーカーでは太陽光パネルの出力が初期状態の約80%〜90%を保証するものが一般的です。そこから年数経過による発電量の低下により、多くのメーカーでは25年間で、80%から90%程度までを保証するのが一般的ですが、出力保証値90.58%を保証するというのは、優れていると言えるかと思います。※下図をご参考までにご覧ください。


 

※ハンファジャパン(株)の資料より引用

 

ハンファジャパン(株)の資料より引用
ハンファジャパン(株)の資料より引用


 

数字だけで考えますと、一見して大して大きな性能差がないようにも見えますが、太陽光発電システムは一度設置しますと、長い期間使用するのがほとんどですので、25年といった長期スパンで費用対効果を考えることが大切になります。



難しい点や興味があるので詳しく聞いてみたいと思われましたら、本ブログの下部にお問合せ先を記載しておりますので、お気軽にお問合せください。


最後に日本市場での受け入れについての考察を記します。

 

日本市場での受け入れについて考察

生成AI(chat GPTの生成データより一部引用)

 

  • 初期投資と投資回収期間:現時点では、N型モジュールは製造コストが高い傾向にあるため、初期投資が大きくなるのではないかと思われます。しかし、高効率と長寿命による長期的な収益性の向上が期待できるため、投資回収期間を重視するお客様にとりましては魅力的かもしれません。


  • 環境意識の高まり日本市場では環境意識が高まっており、省エネルギーとCO2削減が重視されています。高効率のN型モジュールは、このニーズに応える製品として受け入れられる可能性が高いのではないかと思われます。


  • エネルギー自給自足への関心地震などの自然災害による停電への備えとして、エネルギーの自給自足への関心が日本では高まっています。N型モジュールの高効率は、限られたスペースで最大限のエネルギーを確保したいご家庭や事業所にとって魅力的ではないかと思われます。


 

結論

 

N型太陽光モジュールは、その高効率と長寿命により、日本市場で徐々に受け入れられる可能性があるのではないかと思われます。初期コストの高さは障壁となり得ますが、長期的な視点で見れば、そのコスト効果と環境への貢献は大きな価値を持つのではないかと思います。


いかがでしたでしょうか?少しでも参考になるようでしたら幸いです。弊社ブログでは通常は施工事例をメインとしておりますが、お客様のお役に立てるような情報も今後、増やして行きたいと考えておりますので、弊社ブログ、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。


 

問合せ先

 

お問合せやご相談は専用メールフォームからお気軽にどうぞ。


※下記画像をクリックしてください。お問い合せフォームへ移動します。



フリーダイヤルでもお受けしております。


福岡、佐賀、長崎、熊本、大分にお住まいの方は、本社フリーダイヤルまでどうぞ。


  • 0120-700-009(9時~18時 月~土)


鹿児島、宮崎にお住まいの方は、南九州営業所フリーダイヤルまでどうぞ。


  • 0120-777-703(9時~18時 月~土)

 

#Q-TRON





Comments


bottom of page