2022年V2H補助金情報!

弊社は福岡県を拠点に九州一円をテリトリーとして、「電気の自給自足を目指しましょう!」をコンセプトにご提案から設置工事(商品設置・電気工事などの付帯工事)まで全て安心の自社施工でご好評頂いております株式会社Leadです。今回は今年度のV2Hの補助金情報をお届け致します。

 
体験型ショールーム(SUN LAB)におけるEV車への充放電中の風景
 

今年度の経済産業省から「電気自動車・V2H」に対してかなり高額な補助金が交付されています。


V2Hとはなに?と思われている方も多いのではないでしょうか?


V2Hの説明は取りあえず別の機会にブログでご紹介するとして、取り急ぎ補助金情報をお知らせ致します。

 

今年度の補助金の国の予算全体では「375億円」が計上されていますが、V2Hや電気自動車(EV車)などの購入に対する補助金の予算は「140億円」と限られています。


補助金を活用して導入をご検討のお客様は早めにご相談頂ければと思います。それでは必要な箇所を抜粋してご紹介致します。

 

(令和4年度予算にて実施する事業)

V2H充放電設備、外部給電器の導入補助事業


申請期間:2022年5月31日~10月31日


①補助対象

・V2H充放電設備の導入費及び工事費の一部

・外部給電器の購入費の一部


②補助対象者

対象設備を設置する個人、法人、地方公共団体等


③補助上限額

・V2H充放電設備

設備費:上限75万円(補助率1/2)

工事費:上限95万円(法人)

工事費:上限40万円(個人)

 

弊社で取り扱っており、設置を推奨していますV2Hのパイオニア的メーカーの「ニチコン」の各商品モデルも補助金対象です。


補助金の場合は予算額を使いきったらそこで終了となりますので、ご利用をお考えでしたら、早めの対応が賢明です。


また申請にあたっても、弊社に是非ご相談ください。


電気自動車(EV車)の買い替えなどをお考えでしたら、補助金を利用してV2Hシステムの導入をお考えになるのもありかと思います。


弊社では筑紫野市原田にEV車とV2Hとの連携のデモもご覧になれますので、お気軽にお越しください。その際は、フリーダイヤルにご一報頂ければと思います。


お問合せはフリーダイヤルで

0120-700-009


ショールーム(サンラボ SUN LAB)

住所:福岡県筑紫野市原田7-12-2

※ナビで検索できます。


体験型ショールーム、SUN LAB(サンラボ)ではV2Hのみならず、太陽光・蓄電池システムの設置を想定した停電時から電気が復旧するまでの様子を体験できます。


キッズルームもございますので、お子様連れもOKです。お気軽にお越しください。


 

体験できるショールーム SUN LAB(サンラボ)です。

 

V2Hを詳しく知るには動画がわかりやすいです。以下にご紹介します。


↓楽しくV2Hを知ることができます。

 

#体験型ショールーム #太陽光発電 #蓄電池システム #サンラボ #SUNLAB

#2022年V2H補助金 #nichikonのV2Hシステム #ニチコンのV2Hシステム








閲覧数:260回0件のコメント