電気自動車と家をつなぐV2Hシステムショールームをオープン致します。

福岡県を拠点に九州各県をテリトリーとし「電気の自給自足を目指しましょう」をコンセプトに今日も「明るく」「元気に」「笑顔」でをモットーに、太陽光発電、蓄電池システム、V2Hスタンドなど皆様のエコライフを推進致します株式会社Leadです。さて、今回のブログは次世代のライフスタイルについてです。

 

脱炭素社会の実現に向けて世界的な取り組みとして「脱ガソリン車」を掲げて電気自動車(EV車)にシフトする動きが今後加速すものと思われます。そこで、福岡県筑紫野市に体験型のショールームをオープン致します。詳しい情報は今後続報としてブログでもお知らせさせて頂きます。


Nikken→Tsunaguより引用
電気自動車推進の世界的な動向

特に欧州ではドイツ、イギリス、フランスでは電気自動車推進の流れが加速しているのが伺えます。


■国内主要メーカーの動向は■


日本の自動車メーカーも次世代自動車戦略として電気自動車やプラグインハイブリッド車(PHV)の強化を着々と図っています。


日本市場においては、電気自動車の新車販売台数のシェアは、2030年に55%を占めることが見込まれています。


■電気自動車普及の過渡期■


日本国内で電気自動車の普及が進んでいるとは言い難いのが実情ですが、その要因としては、以下のことが挙げられています。


・バッテリーの充電設備の整備状況

・車体価格の高さ

・航続距離の問題


その他にも「そもそも電気自動車はエコなのか?」という意見も聞かれますが、私たちは世界の潮流がカーボンニュートラルで脱炭素社会実現へ舵を切っておりますし、日本においても電気自動車普及の過渡期である現在、メーカーや行政、国の施策など普及を阻む問題の解決へ向けていくものと思いますので、そう遠くない将来、電気自動車を軸とした脱炭素社会への動きは更に進むのではないかと予測してます。


■次世代のライフスタイル■


私たちの掲げる将来へ向けての新しい事業創出のコンセプトになります。

電気自動車(EV車)にしても関心はあっても、どんなものなのか分からないことも多いですね。

そこで、弊社も考えました。


■実際に触れて体感してください■


実は2022年6月に福岡県筑紫野市原田に体験型のショールームをオープンさせて頂くことになりました。

ここでは、電気自動車とお住いの家をつなぐV2Hシステム。またその動きや流れをモニターなどで実際にご覧いただけるショールームになります。正式オープンが決まりましたら改めて告知させて頂きます。


脱炭素社会、カーボンニュートラルの一翼を担うのは、私たち一人ひとりが生活する家で消費する電気をクリーンエネルギーに移行し、生活の必需品である自動車も電気自動車にシフトし、マイカーの電気は、マイホームで賄う暮らしの実現の後押しを弊社も微力ながら事業を通して支援していく所存です。


■お問合せはお気軽に■


新規オープンのショールームや電気の自給自足のこと、太陽光発電、蓄電池、V2Hスタンドなど詳しいことをお聞きになりたいなどお気軽にフリーダイヤルでおたずねください。※無理な売込みなどはございませんので、どうぞ宜しくお願い致します。


フリーダイヤル

0120-700-009



■お知らせ■

2050年までに世界的な動きである脱酸素社会の実現、カーボンニュートラルの目標達成に向けて、弊社でも微力ではありますが、事業を通じて貢献できればと考えております。その事業の取組の一つに電気自動車を暮らしの電源と位置づけトライブリッド蓄電システムにも力を入れてまいります。その思いをPR動画に託し現在YouTube動画広告で配信中です。ご覧になる機会がありましたら是非、ご覧になられてください。


■その他のYouTube動画もお楽しみください■

 

弊社事業のPRプロモーション動画です。

↑おかげさまで2ヶ月で7,000回以上の視聴回数となりました。

↑お陰様で1年間で16万7000回以上の視聴回数となりました。


弊社のプロモーション動画です。

弊社のTVCM

あの「釣りよかでしょう」さんとのタイアップ企画動画です。サブチャンネルの「佐賀よかでしょう」さんでご紹介頂きました。

あの「釣りよかでしょう」さんのサブチャンネル「佐賀よかでしょう」さんの動画に弊社の社員、通称、マッチョ先輩が出演致しました。

全国的に有名な「釣りよかでしょう」さんのサブチャンネル「佐賀よかでしょう」さんの動画でガレージのリフォームでご紹介頂きました。

 

#釣りよかでしょう #佐賀よかでしょう

#株式会社Lead #蓄電池Lead

#太陽光発電 #蓄電池システム

#トライブリッドが描く脱酸素社会 #電気自動車 #EV車

閲覧数:290回0件のコメント

最新記事

すべて表示