top of page

2025年、東京都の新築住宅への太陽光パネル設置義務化で地方への影響について考察してみました。

福岡を拠点に九州一円をテリトリーとして、太陽光発電・蓄電池・V2Hの提案から設置、メンテナンスまでを「安心の自社施工」で行っております。株式会社Leadです。

 

東京都が太陽光パネル設置義務化でどうなるのか
東京都が太陽光パネル設置義務化でなにが変わるのか考察

今回は、いよいよ来年(2025年4月)に迫った東京都ではじまる、延床面積2,000平方メートル未満の中小規模新築建物で、住宅を購入する消費者ではなく、都内で住宅を供給するハウスメーカーや工務店に義務付けられるという制度が施行されるわけですが、この件について考えてみたいと思います。


この制度は、2050年を目安とする「脱炭素化」や「カーボンニュートラル」の実現のための第一歩として行われる取り組みで、東京都はエネルギー大消費地の責務として、2030年までに都内の温室効果ガスを50%削減する「カーボンハーフ」の実現に向けた、再生可能エネルギーの利用拡大を推進するための都の条例です。


これから起こるイノベーションは、私たちが暮らす地方への影響も気になるところです。


 

地方への影響について考察してみた

 

地方への影響について考察してみたイメージ画像
地方への影響について考察してみた

東京都の2025年の条例で地方への影響について考察してみましょう。


技術革新とコスト低減


東京都のような大都市で太陽光発電の設置が義務化されますと、需要の増加が予想されます。これにより、太陽光発電技術のさらなる革新や効率化が促進され、結果として設備コストの低減につながる可能性がありますし、地方においても、設備投資の負担軽減となり、太陽光発電の導入がより進みやすくなるかも知れないと言われています。


地方自治体による政策の模倣


東京都の政策が成功を収めて有効性が証明されるようなことになれば、地方自治体がこの政策を参考に自身の条例や規制を設ける動きが活発化する可能性があると言われています。これにより、全国的に太陽光発電の普及が加速される可能性が高まるかも知れません。


地域経済への波及効果


太陽光発電設備の需要増加は、地域の雇用創出や経済活動の活性化にも寄与するだろうと言われています。特に、私たち、株式会社Leadが携わっている太陽光パネルの設置工事や、メンテナンス、管理などに関わる業種での需要が増えることが予想されます。また、地方独自の再生可能エネルギー関連のビジネスや、地域資源を活用した事業展開の機会も増えるかも知れません。


地域のレジリエンス(回復力)強化


地方における太陽光発電の普及は、エネルギーの地産地消を促進すると同時に、地域のエネルギー自立に寄与するだろうと言われています。これにより、災害時の電力供給の安定化や、地域のレジリエンス(回復力)強化にも繋がると考えられています。


環境意識の向上


東京都での太陽光発電義務化は、全国的な環境意識の向上に寄与するだろうとも言われています。特に、若い世代を中心に、環境に配慮したライフスタイルや、持続可能な社会づくりへの関心が高まることが期待されています。


 

以上、ざっくりと考察してみましたが、東京都の新築住宅への太陽光発電義務化は、技術革新やコスト低減、地域経済の活性化など、多方面にわたる波及効果を地方にもたらす可能性があるということが言えるようです。


この動きは、日本全体でのエネルギー転換と持続可能な社会の実現に向けた重要な一歩となるかも知れません。


 

個別ニーズへの細やかな対応を行う
個別ニーズへの細やかな対応

さて、あと1年に迫った東京都から始まる新たな取り組みを前にして、私たち株式会社Leadにとりましても、市場のトレンドやお客様のニーズを正確に捉え、付加価値の高いサービスや製品を提供することが重要であると考えています。そこで考えらえる課題も含め考えてみました。


個別ニーズへの細やかな対応


お客様の居住環境やエネルギー使用パターンに応じたカスタムメイドの提案を更に進めることで、顧客満足度を高める必要があると感じておりまして、太陽光設置以前と設置後のシミュレーションなど現在でもさせて頂いておりますが、さらにお客様の声に真摯に耳を傾け、更なるサービスの向上へ繋げていこう考えています。


SUNLABの活用


SUNLABの活用を行います
SUNLABの活用

弊社には本社がある福岡と、鹿児島に南九州営業所がありますが、併設して、太陽光や蓄電池、V2Hなど弊社が取り扱う製品のご紹介や、電気の自給自足化を目指す取り組みや体験コーナーなどを通じて、学びと体験、お客様とのコミュニケーションが交差する「エネルギーと環境の学習拠点」とした「SUNLAB」という展示スペースを用意しています。今後、更に魅力的な場所にしていくことが重要だと感じており、SUNLABをそのような場としていくことも課題ですので、出来ることから取り組んで行きたいと考えています。また皆様の感想なども参考にさせて頂きたいですので、お気軽に見学に来て頂ければ有難いです。


 

再生可能エネルギーの普及促進を目指し、地域社会に太陽光発電システムや蓄電池システム、V2Hなどをより身近なものにするため、私たちに何が出来るのかを考えながら、持続可能な社会の実現に向けて、微力ながら貢献していく企業であり続けようと考えています。どうぞよろしくお願い致します。


 

体験型ショールームSUN SUNLABはこんなと施設です

 

福岡県筑紫野市原田に体験型ショールームを、SUNLAB(サンラボ)がございます。

そして待望の南九州営業所(鹿児島県姶良市加治木町)にも体験型ショールームSUNLABがございますので、お気軽にお越しください。


電気料金のこと、電気自動車(EV車)との連携のこと、停電時の疑似体験など体験頂き電気の自給自足を体験頂けます。


体験型ショールーム(福岡)、

SUN LAB(サンラボ)へはフリーダイヤルご予約をお願い致します。

0120-700-009


体験型ショールーム(南九州営業所)へのお問い合せはこちら。

0120-777-703


SUN LAB(サンラボ)をご紹介したサイトもご覧ください。


SUNLAB(サンラボ)
新エネルギーライフSUNLABで体験

 

SUNLABのLPサイトも是非、ご覧ください。

 

有名YouTuberさんとのコラボ動画です。ご覧ください

 






 





最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page